失敗しない家づくりのための情報サイト

失敗しない家づくりのための情報サイト HOUSE BASE PRESS

お問い合わせ
ホームHOUSE BASE について

「家づくりの企画書」のつくり方(前編):家族と暮らしについてまとめる

住まいを手にいれる本来の目的である「どんな未来を得たいのか」「どんな暮らしをしたいのか」などの想いを、あなた自身で考えをまとめる必要があります。それを「家の企画書」としてまとめてみましょう。まずは自分の「家族」と「暮らし」を見つめ直してみましょう。

 

家族についてまとめる

1.「家族構成」について書いてみる

1.「家族構成」について書いてみる

家族全員の年齢や職業、趣味などを書き出してみましょう。自分たちがどんな家族であるかをまずは伝えましょう。それぞれの性格やキャラクターまで書けるとベストです。

2.「今までの住まい」について書いてみる

2.「今までの住まい」について書いてみる

どんな家で暮らしてきたかによって、住まいに対する意識も個人差があります。現在の住まいへの感想も含めて、思い出しながら書いてみてください。

3.家族のニーズ(要件)を書いてみる

3.家族のニーズ(要件)を書いてみる

どんな「生活習慣」を持っているか、「仕事・娯楽」、「得意なこと・苦手なこと」など、住まいを計画する際に必要となる条件ですので、ありのままを書いてみましょう。

4.家族のウォンツ(要求)を書いてみる

4.家族のウォンツ(要求)を書いてみる

住まいはいかに使いやすいか機能だけではなく、どんな雰囲気を快適と感じるのか、どんな時間が楽しいのかを考えることがとても大切です。嗜好や、趣味などを言葉にしてみましょう。

 

現在の暮らしについてまとめる

1.「生活スタイル」について書いてみる

1.「生活スタイル」について書いてみる

家族全員の平日や休日の生活スタイルを書き出してみましょう。仕事内容や趣味などによって、家族の個性が現れる部分です。

2.「家族の習慣」について書いてみる

2.「家族の習慣」について書いてみる

家での食事、就寝、入浴、洗面・化粧、トイレ、収納、来客、車などについて書き出してみましょう。特に食事へのこだわり、来客の頻度などは、家の間取りに大きく影響する要素です。

3.「家事について」について書いてみる

3.「家事について」について書いてみる

料理や片づけ、買い物、掃除、ゴミ処理、洗濯・物干し、布団干し、アイロンがけなどについて書き出してみましょう。特に料理へのこだわりや買い物の考え方で、キッチンの設計や食品庫の有無などが決まってきます。家族の中でどの人が主に担当しているかも重要です。

 

まとめ

家の企画書で大切なことは、思いつくことを全部書いてみることです。書いたものを読んでみると、優先順位をつけやすくなり取捨選択がしやすくなると思います。その内容を家族で楽しくミーティングができると、お互いの理想を知り、共有することができます。

The following two tabs change content below.
HOUSEBASE 代表取締役 植村将志

HOUSEBASE 代表取締役 植村将志

住宅・建築分野におけるリアルな情報発信や、役立つコンテンツやサービスの提供、実務者向けのソリューションを通じて、すまい手やつくり手にとって納得のできる家づくりを目指しています。

注目の記事

  • 中古住宅

    561

    中古一戸建て×リフォームは、お金の面で賢い家づくりの選択肢

    中古一戸建て×リフォームは、お金の面で賢い家づくりの選択肢

  • 1091

    誠実な家づくり

    誠実な家づくり

  • 3808

    向上心を持ち続ける職人集団でありたい!

    向上心を持ち続ける職人集団でありたい!

  • 設計事務所・工務店

    697

    家づくりは「好まれるお客様」になると成功する!優良な工務店が顧客を選ぶ理由

    家づくりは「好まれるお客様」になると成功する!優良な工務店が顧客を選ぶ理由

  • 1059

    飾るだけの美術品じゃなくて、使うほど愛着がわく工芸品。

    飾るだけの美術品じゃなくて、使うほど愛着がわく工芸品。