失敗しない家づくりのための情報サイト

失敗しない家づくりのための情報サイト HOUSE BASE PRESS

お問い合わせ
ホームHOUSE BASE について

スケルトン&インフィル

「スケルトン=家の構造躯体」と「インフィル=内装・設備」をしっかり分けることにより、
時代やすまい手の変化に対応して自在につくり変えることができる、長寿命の価値ある家をつくることができます。

ライフステージの変化を予想して間取りを決めるのは難しいですよね??
家にあわせる暮らしではなく、暮らしに合わせる家づくりをはじめませんか?

スケルトン&インフィルを知るとこんな家づくりができる!

1. スケルトン&インフィルにより、コストパフォーマンスを最適化できる

つくり手がスケルトン(家の構造躯体)をつくり、あえてインフィル(間仕切り、内装等)を省略する方法です。性能やデザインを確保しつつ、プロに依頼する部分を限定することで、結果としてコストを抑えることができます。

2. 一室空間化により、ライフステージの変化に対応できる住宅が実現

ワンフロア・ワンルームの空間構成とすることで、空間が細分化されないので、限られた面積の家でも心理的には大きく感じることができる家をつくることができます。

3. 飽きのこないデザイン、省エネルギー性と耐震性が必須なことがわかる

家を長持ちさせるには、いつまでもその家に暮らしたいと思える普遍的なデザインが好ましいです。耐震性能の確保は地震国日本での家づくりでは最も重要です。また省エネルギー性能を高めることで、光熱費の削減につながります。

スケルトン&インフィルのここだけは押さえておこう!

注目の記事

  • 耐震住宅

    3915

    地震大国・ニッポン!その恐ろしさ、本当に知ってる?

    地震大国・ニッポン!その恐ろしさ、本当に知ってる?

  • 2025

    誠実な家づくり

    誠実な家づくり

  • 991

    つくり手が自ら実践する、ゆとりあるライフスタイル

    つくり手が自ら実践する、ゆとりあるライフスタイル

  • 耐震住宅

    5237

    第2の落とし穴、「4号特例」とは? 耐震性が保証されていない家に、あなたは住めますか?<後編>

    第2の落とし穴、「4号特例」とは? 耐震性が保証されていない家に、あなたは住めますか?<後編>

  • 371

    ゼロエネルギー住宅の家づくりは災害に強い

    ゼロエネルギー住宅の家づくりは災害に強い