失敗しない家づくりのための情報サイト

失敗しない家づくりのための情報サイト HOUSE BASE PRESS

お問い合わせ
ホームHOUSE BASE について

公開日:2016.03.31  /  最終更新日:2018.11.03

2390

建築設計×土地探し×リノベーション

お客様のわかりやすさにこだわり「BIM(ビム)」と呼ばれる最新の3次元ソフトを活用する設計手法の話に続き、この後編ではお客様をトータルでサポートするための不動産部門の創設や、リノベーションの仕事などについて話をうかがいました。

家のつくり手名鑑

横松建築設計事務所は、事務所設立から現在に至るまで、「お客様の満足・利益、社員家族の生活の安定、社会への貢献」を社是として、地元である宇都宮市を中心に設計活動を行っています。

BIMの活用のほか、東京事務所開設や不動産部門の設立など、新しいことにチャレンジしています。

会社について

会社について

「社員は、現在(2016年2月時)で11人です。父が社長、私、弟が不動産部門、母が経理で、あとは設計スタッフです」

事務所内の雰囲気はとてもアットホームな感じだったが、横松さんの家族が中心となり事務所を運営している。

現在は、東京・渋谷にも東京事務所を設立し、スタッフが常駐している。

「BIMの活用により、活動の場が県外にも広がり、首都圏での仕事も増えてきたので開設しました」

「現在の仕事は、栃木県のほか、東京・埼玉・千葉そして福島県などでもプロジェクトが進行中です」

進行中のプロジェクトは、住宅以外にも美容室、クリニック、保育園、商業ビル、新築のマンションから、公共建築、マンションのリノベーションなどを手がけている。

「新規のご相談については、ホームページからお問い合わせもありますが、地元で長く活動しているので友人・知人からの紹介なども多いですね」

設計事務所としては画期的な不動産部門の創設

設計事務所としては画期的な不動産部門の創設
横松建築設計事務所は、設計事務所としては画期的な試みを始めている。

不動産部門の創設だ。名前は、「ふどラボ」(うつのみや不動産研究所)。

「以前より「土地探し」については、設計に付随するサービスとして一級建築士としての立場で、建築基準法や都市計画法等に基づきアドバイスをおこない、お施主様の土地探しのサポートをしてきました」

家づくりのプロセスとして、まずは土地を探す、購入することが先行する。そうした場合、選んだ土地によっていろいろなことが左右されてしまう。

「土地も含めてトータルでコーディネートしたいのです。お客様の状況によっては、土地の選定から関わらないと家づくりがまとまらないこともあります」

「ふどラボ」は、不動産事業を行うというよりも、土地を購入して家を建てたい人あるいは中古物件を購入してリノベーションしたい人に、より専門的な見地と設計事務所としてのノウハウで最適な提案をしたいという横松さんの決意の表れだ。

「ノウハウを活かして、お客様の要望にあわせて最適な土地をお探しします。 また、土地を探すだけでなく、その土地にどのようなボリュームの家が建てられるかの検討を設計事務所としておこない、「土地」+「建物」の資金計画をサポートさせていただく事も可能にしたいのです」

「資金計画をする際には「土地」+「建物」にかける金額のバランスが大切です。 「土地」が高すぎると「建物」にかけられる金額が減り希望通りの建物が建てられなくなってしまう場合があります。その逆もまたしかりです」

「中古の建物の取引仲介はもちろんですがリフォーム、リノベーションをお考えのお客様に対しては購入前の現地調査から改修案のご提案を設計事務所としておこない、「建物代金」+「リフォーム、リノベーション費用」の資金計画をサポートさせていただきます」

これからの仕事について

これからの仕事について

現在、住宅から施設まで様々な建築を設計中の横松建築設計事務所。

注文住宅の設計はもちろんだが、実はリノベーションに関心が高いという。

「マンションリノベーションの仕事は好きですね。仲介からリノベーションまでトータルで関われますし、新築と比較して自由度が高いこともあります」

「リノベーションこそBIMが向いているのかなと思うこともあります。既存の状態ではイメージできないものを、完成後のイメージとして示せますので」

現在も、東京でテナントビルに精神科のクリニックが進行中とのこと。

「リノベーションですと、工事の分離発注等もやりやすくなります。自分もひとりの消費者として、なるべく住まいに関するコストを安くしたいという思いは強いです」

横松さんの設計スタンスは明確だ。

「まずは夢をかたちにすることで、心を納得してもらいます」

「次に概算見積りをとり、設計案と見積り金額の差を認識した上で、優先順位を決めていきます」

「最終的には、予算に合わせながら調整していきます」

責任のある仕事をした上で、最後に決めるのはお客様なので、その決定を徹底的にサポートしたいという気持ちが伝わります。

「私たちはお客さんの希望をもとに、『この空間ならこういう暮らしができますよ』と暮らしの可能性を示すことが役割です。求められる材料は用意しますが、最後に決めるのは、そこに暮らす人です。」

お客さんが自ら考えること。そこにリノベーションの意味があるのだという。

「私たちの提案通りにつくるというよりも“自分たちでつくった”という感覚を持ってもらえると嬉しいですね。自分たちはどんな家で、どんな暮らしがしたいのかを一緒に考えさせてもらうことにやりがいを感じます」

最先端の建築設計ツールを駆使する横松建築設計事務所は、愚直にお客様の満足度を高めるために「わかりやすさ」にこだわり続ける設計事務所です。

絶対に失敗したくない「家づくり」を、プロの設計者とイメージを共有しながらつくりたいすまい手にとっては、最適な相談相手です。

The following two tabs change content below.
HOUSEBASE 代表取締役 植村将志

HOUSEBASE 代表取締役 植村将志

住宅・建築分野におけるリアルな情報発信や、役立つコンテンツやサービスの提供、実務者向けのソリューションを通じて、すまい手やつくり手にとって納得のできる家づくりを目指しています。

コメントは受け付けていません。

注目の記事

  • 1935

    建築家とのコラボレーション

    建築家とのコラボレーション

  • 省エネルギー住宅・ZEH

    2238

    省エネ基準適合義務化は見送り!プロに頼れない国での家づくりの鉄則とは?

    省エネ基準適合義務化は見送り!プロに頼れない国での家づくりの鉄則とは?

  • スケルトン&インフィル

    3316

    コストパフォーマンスが魅力。スケルトンハウスの家づくり

    コストパフォーマンスが魅力。スケルトンハウスの家づくり

  • 1637

    家のつくり手が考えるこれからの家づくり

    家のつくり手が考えるこれからの家づくり

  • 省エネルギー住宅・ZEH

    37469

    断熱性能は「UA値」、気密性能は「C値」でわかる!

    断熱性能は「UA値」、気密性能は「C値」でわかる!